話しかける 大きいおなか
部屋

不妊治療で使用する排卵検査薬と妊娠検査薬は形が似ていますが、検出しているホルモンは異なり前者は黄体刺激ホルモン、後者は妊娠ホルモンを検出して反応します。
流用はできません。
しっかりとした、不妊治療は産婦人科で行うことが得策です。
不眠治療は、女性側、男性側どちらの原因で不妊なのか、原因をしっかり見つけることが重要です。
原因を見つけ治療することが大事です。
排卵日にセックスをしたり、ホルモン注射をしたり、精子と卵子を体外で受精したり、または顕微授精法で受精させたり、など原因究明をすることによって、不妊治療方法が絞り込めます。
短期間で妊娠できる人もいれば、とても長い期間を要する人もあります。
とても、難しい治療ですので、専門病院で診察、治療していきます。
2人が健康で子供を作ることに集中しなければなりません。
周りの家族や親戚も暖かくそっと見守っていかなければなりません。
経済的にも大変なので覚悟が必要です。

守る

女性が結婚して、子供が欲しいと思っても、なかなか妊娠できないときがあります。
不妊ではと思ったら、まず、基礎体温をつけると思います。
しかし、一般的な人の基礎体温が現れなかったら、次に、排卵検査薬を購入して、チェックすると思います。
薬局やドラッグストアでは、妊娠検査薬しか置いてないです。
一般的には産婦人科に行き、医師の指導の下、問診やエコー検査などして、処方してもらいますが、最近では通販サイトで色々な商品が販売されています。
デジタル排卵検査器や排卵検査紙、海外メーカーから国内メーカーまでさまざまです。
全ての商品は黄体刺激ホルモンを検出する方法で所要時間は3分から5分くらいで結果が出ます。
排卵日前日を検出して陽性反応を示すものから排卵1週間前を検出して陽性反応を示すものまであります。
価格帯もデジタルタイプは高額ですが、紙タイプは安価な価格です。
一番高価な機器は黄体刺激ホルモンと卵胞ホルモンを検知するタイプでした。

ドット柄

最近では、自分自身で市販されている排卵検査薬を使って検査する人も多いようです。
これは不妊治療を行っている人だけでなく、タイミングを取るのが難しい人や一般の人でも手軽に利用できることから、非常に便利なものであると言えます。
その検査薬が陽性を示せば、タイミングをとる、というように誰にでもわかり易い方法なのです。
不妊治療には根気が必要です。
また、その期間が長ければ長いほど治療費もかさんでくるので、できるだけ早く妊娠にたどり着きたいと思っている女性がほとんどです。
そうした精神的な不安から逃れるために、現在では様々な治療方法がありますし、設備も整ってきています。
あとは、自分に合った病院はどこなのか、長期的に見て頼れるところを探さなければなりません。
中には普通の婦人科で受けていて、効果が見込めないために、不妊治療専門の病院に変える人も多くいます。
年齢や普段の生活のことも考えて、ある程度治療を行って結果がでなければ、いろんな病院を試すのもよい方法です。

アーカイブ
カレンダー
2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
オススメリンク
カテゴリー
    部屋

    考える

    不妊治療で使用する排卵検査薬と妊娠検査薬は形が似ていますが、検出しているホルモンは異なり前者は黄体刺激ホルモン...

    Readmore
    話しかける

    通院する女性の増加

    以前は、妊娠や婦人病などが無い限り、女性が積極的に産婦人科へ通院するということはありませんでした。しかし最近で...

    Readmore
    子供ができる

    精神的負担と金銭的負担のバランス

    不妊治療には様々な方法があります。まずはタイミング法です。排卵期に病院で卵子の大きさを図り、排卵しそうな日を医...

    Readmore